書籍 建築設備フォーラム/トップページへ

水道水質基準ガイドブック 改訂4版 (平成21年4月改正準拠)
編集 : 日本環境管理学会
出版 : 丸善 (2009/05)
価格 : 3,564円
   → Amazonのページへ
   → 楽天Booksのページへ

「内容」
水道水水質基準に定められた 50の基準項目、30の目標設定項目のひとつひとつについて、微生物・化学物質等の基準値と、その基準値設定の根拠、健康への影響(毒性・発がん性)、浄水方法などについてわかりやすく解説。
さらに、平成16年に大改正された水道水質基準の基本的な考え方、改正にあたっての主な検討点がコンパクトにまとめられ、定期的な水質検査項目・頻度・留意事項、略語解説や水質問題Q&A等も掲載。
WHOガイドライン(第3版)、USEPA(米国環境保護庁)飲料水基準、EU飲料水指令の基準値についても併載し、国内外の基準が簡単に対比できるようになっている。
平成21年4月に改正・施行の水道水質基準に関する水道法の一部改定に準拠した、改訂4版。


「目次」
第I部 水道水質基準について
 
  1.水質基準の位置づけ・改正の基本的考え方・改正における主な検討点
  2.海外の水質基準等との比較
  3.定期的な水質検査の項目と検査頻度
  4. 主な略語の解説
 
第II部 水道水質基準ガイド
 
  1.水質基準項目(50項目)
  2.水質管理目標設定項目(30項目)
    (各項目に対し基準値を明示するとともに定義、健康影響、基準値の設定根拠、浄水方法を平易に解説)
 
付録1 日常生活で出会う水質問題Q&A
付録2 セット水質検査と採水瓶(例) 引用・参考文献