書籍 建築設備フォーラム/トップページへ

ソーラーエネルギー利用技術 POD版―地球温暖化の抑制と持続可能な発展のために
監修 : 金山 公夫、馬場 弘
出版 : 森北出版 (2011/10)
価格 : 4,536円
   → Amazonのページへ
   → 楽天Booksのページへ

「内容」

−−−−−

「目次」

第1章 ソーラーエネルギーと環境
1.1 熱力学第1法則および第2法則
1.2 「宇宙船地球号」のエネルギーバランス
1.3 地球温暖化のメカニズム ほか

第2章 ソーラーエネルギーの量的評価―日射量の測定と日射データの整理―
2.1 日射量の測定
2.2 日照時間と日射量の関係
2.3 太陽高度と傾斜面日射量 ほか

第3章 ソーラーエネルギーの質的評価―日射量の分光測定とスペクトル分析―
3.1 分光日射量の測定法
3.2 分光日射量の測定値
3.3 カットオフフィルタによる波長帯日射量の測定と検討

第4章 ソーラーエネルギーの集熱技術
4.1 ソーラーエネルギーの集熱技術
4.2 水集熱コレクタの性能評価
4.3 空気集熱コレクタの性能評価
4.4 真空ガラス管型コレクタ ほか

第5章 ソーラーエネルギーの発電技術
5.1 ソーラーエネルギーの発電技術
5.2 太陽熱発電技術

第6章 ソーラーエネルギー利用のための波長選択材料
6.1 選択吸収面/6.2 選択透過膜
6.3 選択吸収膜の性能評価
6.4 水および塩水溶液の光学的性質 ほか

第7章 ソーラーエネルギー利用のための蓄エネルギー技術
7.1 顕熱蓄熱の概要
7.2 潜熱蓄熱技術
7.3 潜熱蓄熱技術の応用例―潜熱蓄熱槽を介したソーラーヒートポンプ暖房―
7.4 太陽光発電システムのための蓄電技術

第8章 ソーラーエネルギーのアクティブ利用
8.1 ソーラーシステム
8.2 ソーラーヒートポンプシステム
8.3 ソーラーヒートポンプ住宅
8.4 性能値の評価法およびCO2 抑制効果の検討

第9章 ソーラーエネルギーのハイブリッド利用
9.1 太陽電池内蔵式熱・電ハイブリッドシステム
9.2 ソーラーヒートポンプPVシステムの実験
9.3 空気集熱式ハイブリッドシステム
9.4 熱・電併給ハイブリッドシステム ほか

第10章 ソーラーエネルギーのパッシブ利用 (ソーラーポンド)
10.1 ソーラーポンドの基礎
10.2 ソーラーポンドの室内実験

第11章 ソーラーエネルギーの産業利用
11.1 実規模ソーラーポンドの実証試験
11.2 家畜と (屠) 場廃液のメタン発酵システム
11.3 CFシート空気集熱器による木材乾燥装置
11.4 ソーラーヒートポンプハウス栽培システム ほか

第12章 ソーラーエネルギーの運輸交通への適用(ソーラーカー)
12.1 北見工業大学のソーラーカーの開発と競技参加
12.2 世界のソーラーカー大会/12.3 ワールドソーラーチャレンジ (WSC)
12.4 ソーラーカーの未来

第13章 ソーラーエネルギー技術と将来世代への提言
13.1 昔の地球と今の地球
13.2 日本各地の日射量の比較
13.3 ソーラーシステムおよび太陽光発電システムの普及状況
13.4 北海道のソーラーエネルギー利用技術のあり方
13.5 エネルギー消費と地球の温暖化
13.6 ソーラーエネルギー研究者の提言
13.7 結言―ソーラーエネルギーの研究を通して見えてくるもの―ー技術と将来世代への提言