書籍 建築設備フォーラム/トップページへ

ヴァナキュラー建築の居住環境性能 ― CASBEE評価によりサステナブル建築の原点を探る
著者 : 村上 周三
出版 : 慶應義塾大学出版会 (2008/04)
価格 : 4,104

   → Amazonのページへ
     → 楽天Booksのページへ

「内容」

イグルー(カナダ)、洞窟型住居(トルコ)、採風塔を持つ住居(イラン)、高床式住居(インドネシア)、水上住居(マレーシア)などのヴァナキュラー建築の環境性能を建築環境工学の視点から定量的に明らかにし、ヴァナキュラー建築の環境効率を現代建築との対比において評価し、サステナブル建築を推進するためのヒントを探る。


「目次」
序 サステナブル建築の原点としてのヴァナキュラー建築

I ヴァナキュラー建築の居住環境とサステナビリティ
 1 ヴァナキュラー建築と環境工学
 2 コンピュータ・シミュレーションによる屋内環境の再現
 3 ヴァナキュラー建築とパッシブ技術
 4 地球環境問題とヴァナキュラー建築のサステナビリティ

II 実測とコンピュータ・シミュレーションによるヴァナキュラー建築の環境性能調査
 〈寒冷地域〉
  1 カナダのイヌイットの冬の家(イグルー)
 〈乾燥地域〉
  2 トルコの洞窟型住居
  3 イランの採風塔を持つ住居
 〈蒸暑地域〉
  4 インドネシアの高床式住居
  5 マレーシアの水上住居

III ヴァナキュラー建築のコンセプトに基づく現代的集合住宅
 1 ベトナム・ハノイにおける住居環境の現地調査
 2 現代的集合住宅の環境デザインのコンセプト
 3 現地実測によるポーラス型集合住宅の環境性能の解明
 4 まとめ

IV CASBEEに基づくヴァナキュラー建築の環境性能評価
 1 地球環境問題とサステナビリティ
 2 CASBEEの理念と環境性能評価の枠組み
 3 CASBEEに基づくヴァナキュラー建築の総合評価の概要
 4 CASBEEに基づくケーススタディ
 5 ヴァナキュラー建築の優れた環境効率と現代建築への示唆
 6 まとめ

おわりに