書籍 建築設備フォーラム/トップページへ

実務に役立つ 水処理の要点
著者 : 和田洋六
出版 : 工業調査会 (2008/10)
価格 : 2,700円

   → Amazonのページへ
     → 楽天Booksのページへ

「内容」
実務の役立つ水処理技術のポイントを図表を使って平易に解説。 また、伝えきれない重要なポイントは演習問題でカバー。


「目次」
第1章 水処理の基本(水は貴重な資源、環境規制と化学物質規制の動向)
第2章 水処理で使う主な用語(pH、酸化還元電位、電気伝導率、蒸発残留物、溶存酸素、他)
第3章 生活用水と工業用水(上水道水源の水質、飲料水の水質、凝集、沈殿分離、浮上分離、緩速ろ過と急速ろ過、他)
第4章 生物学的処理(流量調整槽、沈殿槽の構造、活性汚泥法、長時間ばっ気法と汚泥再ばっ気法、他)
第5章 物理化学的処理(pH調整による重金属の処理、硫化物法による重金属処理、粒子径と沈殿速度、他)
第6章 排水のリサイクル(RO膜による重金属含有排水のリサイクル、イオン交換樹脂法による重金属含有排水のリサイクル、他)