書籍 建築設備フォーラム/トップページへ

給排水衛生設備実務パーフェクトマニュアル
著者 : 土井巖
出版 : 秀和システム (2012/05)
価格 : 3,240円
   → Amazonのページへ
   → 楽天Booksのページへ

「内容」

給排水衛生設備の基礎知識と代表的な設計手法を、初心者でも容易に理解できるように、やさしく解説した実務マニュアル。
現場の技術者の役に立つよう、給排水衛生設備の計画・設計の実務に必要な知識を基礎から解説する。
管種別配管の諸計算や機器算定、加熱容量計算、給水人数算定など、設備設計に必要なほぼすべての計算を自動で行えるエクセルデータを収録した CD-ROM付き。(出力フォームは国土交通省仕様に準拠しており、表紙をつければ計算書ができあがる)

「目次」

第1章 給排水衛生設備の基礎知識
1-1 衛生設備の概要
1-2 法規の体系
1-3 設計の手順と検討事項
1-4 建築と設備
 
第2章 給水設備
2-1 給水源
2-2 水質基準
2-3 主な給水設備の用語
2-4 給水設備設計の手順
2-5 給水方式の選定
2-6 給水方式の決定
2-7 給水量の算定
2-8 給水人員の算定
2-9 人数算定法による予想給水量の算定
2-10 器具数法による予想給水量の算定
2-11 器具給水負荷単位とは
2-12 受水槽容量の算定
2-13 高置水槽容量の算定
2-14 揚水ポンプの算定
2-15 給水ポンプユニット
2-16 増圧直結給水方式の算定
2-17 増圧給水装置の算定
2-18 水道直結方式の算定
2-19 給水管径の決定
2-20 配管摩擦抵抗の算定
2-21 許容摩擦抵抗R値の算定
2-22 給水設備で使用される配管類
2-23 水道メーター
2-24 給水設備の配管保温材
2-25 配管スペース
2-26 節水のすすめ
 
第3章 給湯設備
3-1 給湯設備の用語
3-2 給湯設備設計の手順
3-3 給湯方式選定の手順
3-4 給湯システムでの注意事項
3-5 エコ給湯器
3-6 給湯方式の比較
3-7 給湯温度と使用温度
3-8 給湯量の算定
3-9 給湯単位法による給湯量の算定
3-10 給湯機器の算定
3-11 貯湯タンクの算定
3-12 給湯管径の決定
3-13 給湯用循環ポンプの算定
3-14 安全装置の設計
3-15 膨張タンクの容量
3-16 浴場施設用循環ろ過装置
3-17 太陽熱給湯システム
3-18 給湯設備に使用する主な管と継手類
3-19 給湯設備における省エネルギー
 
第4章 排水通気設備
4-1 主な排水設備の専門用語
4-2 排水設備の設計手順
4-3 各段階での検討事項
4-4 排水の排除方式
4-5 排水・通気配管の名称
4-6 雨水の排除方式
4-7 排水量の算定
4-8 排水流量の算定
4-9 排水管径の決定
4-10 排水管径の決定(定常流量法)
4-11 通気管径の決定
4-12 雨水管径の決定
4-13 合流式の雨水管・排水管の口径算定法
4-14 雨水量の算定手順
4-15 排水ポンプ等の機器容量の決定
4-16 グリース阻集器の算定
4-17 ガソリン・オイル阻集器の算定
4-18 排水トラップ
4-19 排水・通気管材
 
第5章 衛生器具設備
5-1 衛生器具設備の概要
5-2 衛生器具の選定手順
5-3 衛生器具とその特色
5-4 水栓器具とその特色
5-5 衛生器具数の選定
 
第6章 消火設備
6-1 主な消火設備の専門用語
6-2 消火設備の設置対象
6-3 屋内消火栓設備
6-4 屋外消火栓設備
6-5 スプリンクラー設備
6-6 連結送水管設備
6-7 連結散水設備
6-8 水噴霧消火設備
6-9 泡消火設備
6-10 粉末消火設備
6-11 消火器設備
 
第7章 ガス設備
7-1 主なガス設備の専門用語
7-2 ガスの供給方式
7-3 ガス設備設計の手順
7-4 ガス使用量の算定
7-5 ガスメーターの選定
7-6 ガス配管の設計
7-7 ガス配管口径の決定
7-8 LPガスの基本事項
7-9 LPガス設備設計の手順
7-10 LPガス機器類
7-11 LPガス配管口径の求め方
 
第8章 し尿浄化槽設備
8-1 主なし尿浄化槽設備の基礎
8-2 主なし尿浄化槽設備の用語
8-3 し尿浄化槽の豆知識
8-4 浄化槽の設計