書籍 建築設備フォーラム/トップページへ

図解と事例でわかる 省エネ基準
著者 : 田中直輝
出版 : 翔泳社 (2014/02)
価格 : 2,160円
   → Amazonのページへ
 

「内容」
省エネ基準はこれまで、80年(旧省エネ基準)、92年(新省エネ基準)、99年(次世代省エネ基準)の3回制定されているが、2012年「住宅・建築物の省エネルギー基準(改正省エネ基準)」(非住宅は12年度中に施行、住宅は12年以降早期に施行)として、大幅に改正された。
関係事業者に対するインパクトが大きい「改正省エネ基準」についての情報を、建設会社やハウスメーカー、家電メーカーや住宅設備メーカー、電力会社や自治体や不動産事業者など、幅広い読者層に図解と事例でわかりやすく解説する。
「目次」

第1章 省エネ基準とは
 1-1 省エネ法と省エネ基準
 1-2 改正省エネ基準の評価指標
 1-3 省エネ基準の沿革
 1-4 改正省エネ基準の施行
 1-5 省エネ基準改正のポイント
 1-6 省エネ基準改正の背景1
 1-7 省エネ基準改正の背景2
 1-8 省エネ基準への対応状況
column01 省エネの意味?

第2章 省エネ基準の評価法
 2-1 省エネ基準の評価法
 2-2 外皮平均熱貫流率の考え方
 2-3 平均日射熱取得率の考え方
 2-4 新PALの考え方
 2-5 住宅の設備基準の考え方
 2-6 非住宅建築物の設備基準の考え方
 2-7 仕様基準の考え方
 2-8 モデル建物法の考え方
column02 仕様基準強化の効率

第3章 省エネを支える施工・技術
 3-1 充填断熱工法
 3-2 外張り断熱工法
 3-3 充填断熱と外張り断熱の比較
 3-4 住宅用の断熱材
 3-5 開口部の断熱
 3-6 断熱施工の現状と問題
column03 ヒートショック現象

第4章 省エネを支える設備
 4-1 省エネを支える設備
 4-2 太陽光発電システム
 4-3 家庭用蓄電池
 4-4 エコ給湯機器
 4-5 太陽熱利用システム
 4-6 屋上緑化と壁面緑化
 4-7 地中熱利用システム
 4-8 雨水・井水の利用
 4-9 パッシブデザイン
 4-10 住環境シュミレーション
 4-11 省エネ型電化製品
column04 断熱対策と耐久性

第5章 省エネ関連の制度
 5-1 省エネ関連の優遇・評価制度
 5-2 長期優良住宅認定事業
 5-3 低炭化住宅・建物認定制度
 5-4 LCCM住宅認定制度
 5-5 ZEH・ZEB推進事業
 5-6 住宅性能表示制度
 5-7 CASBEE制度
 5-8 トップランナー基準
 5-9 その他の省エネ関連制度 column05 和のデザインと省エネ

第6章 省エネのこれから
 6-1 エネルギー消費の現状
 6-2 海外の省エネ基準
 6-3 スマートハウス
 6-4 HEMS
 6-5 スマートメーター
 6-6 スマートタウンとスマートグリッド
 6-7 スマート家電とスマート設備
 6-8 V2H
 6-9 HEMSデータ
 6-10 防災・減災と省エネ
 6-11 耐震化と省エネ
column06 住宅ライフサイクルコスト

付録 省エネ性能の計算法
付録1 省エネ性能の計算プログラム1 外皮性能
付録2 省エネ性能の計算プログラム2 設備性能