書籍 建築設備フォーラム/トップページへ

微生物による室内空気汚染に関する設計・維持管理規準・同解説 - 日本建築学会環境基準 AIJES-A0002-2013
著者 : 日本建築学会
出版 : 日本建築学会 (2013/04)
価格 : 1,944円
   → Amazonのページへ
   → 楽天Booksのページへ

「内容」
建築の設計・管理の上で参考となるべき室内の微生物汚染量の値とそれを達成する基本的な事項を示した「微生物による室内空気汚染に関する設計・維持管理規準」とその解説を収録。
「目次」

第1章 総則
 
第2章 本規準の基本的考え方
 
第3章 設計および維持管理規準の提案値
 
第4章 室内の微生物汚染と評価
 4.1 対象とする微生物
 4.2 室内微生物汚染の特性
 4.3 測定方法と測定機器の例
 4.4 サンプリング方法
 4.5 浮遊菌測定機器の例
 4.6 サンプリング上の重要な留意点
 
第5章 内浮遊微生物濃度の予測と浄化設計
 5.1 室内微生物濃度予測上の仮定
 5.2 室内濃度の計算
 5.3 浄化能力の算定
 
第6章 設計・維持管理手法
 6.1 総論
 6.2 事務所
 6.3 学校
 6.4 住宅
 6.5 病院の微生物
 6.6 高齢者福祉施設の微生物
 6.7 食品工場の微生物
 
 付録1 真菌培地について
 付録2 各種真菌(カビ)について