書籍 建築設備フォーラム/トップページへ

東京都の温室効果ガス規制と排出量取引 - 都条例逐条解説
筆者 : 小澤英明ほか
出版 : 白揚社 (2010/01)
価格 : 6,264円
   → Amazonのページへ
   → 楽天Booksのページへ

「内容」
東京都は平成20年に環境確保条例を改正し、オフィスビルを含む幅広い事業所を対象に、温室効果ガスの排出量削減義務を課す制度を導入した。
本書は、この条例改正で導入され、平成22年4月1日から開始される「排出量規制」と「排出量取引制度」に焦点を合わせ、網羅的に解説した初めてのガイドブック。
条例および施行規則の重要事項の逐条解説、具体例に則したQ&Aに加え、京都議定書など排出量規制を取り巻く諸外国の制度を法律の専門家がわかりやすく解説。
「目次」

第1章 都条例制定の背景
    (温室効果ガスに対する国際的取組み;温室効果ガスに対する国
     レベルの取組み;東京都における条例改正に至る議論について)
第2章 都条例改正の意義と概要(都条例改正の意義;都条例改正の概要)
第3章 環境確保条例(抄)逐条解説(第五条の五(地球温暖化対策の推進)
    第五条の六(勧告)第五条の七(用語の定義) ほか)
第4章 Q&A(条例外の制度との関係;条例の解釈;条例に影響を受ける
    私法関係 ほか)