書籍 建築設備フォーラム/トップページへ

先端 ゼロエネルギー建築
著者 : メアリー・グゾウスキ 
推薦:西方里見 訳者:佐々木知子
出版 : ガイアブックス (2013/12)
価格 : 3,132円
   → Amazonのページへ
   → 楽天Booksのページへ

「内容」

世界各国で取り組まれているゼロエネルギー建築の実例を豊富な写真とともに紹介する建築書。
現代におけるゼロエネルギー、低エネルギー建築にソーラー対応を統合させた美的・技術的にすぐれた受賞建築10プロジェクトを収録。
実際のプロジェクトをひもとき、デザイン性を高めながら、低エネルギー利用を促進する理論、実践、原則への新たなアプローチをおこなう方法を提言する。近年、大きな課題として頭をもたげる地球温暖化および気候変動問題を受け、デザインと技術の両面で、環境美学の創造とさらなる高性能基準の達成を可能にする建築家たちの挑戦に焦点を当てる。

「目次」

第1章:エコロジカル・ビジョンを育む
 ファースト・リビングホーム・モデルハウス[レイ・キャピーアーキテクツ/
 プランナーズ、リビングホームズ(アメリカ)]/
 キングスパン・ライトハウス[シェパード・ロブソン(イギリス)]

第2章:パッシブデザインを優先する
 シュリアベルク・ソーラー団地[ロルフ・ディッシュアーキテクツ
 (ドイツ)]/
 アルド・レオポルド・レガシーセンター[クバラ・ワシャコアーキテクツ
 (アメリカ)]

第3章:「足るを知る」倫理を明示する
 ティム・アンド・カレン・ヒクソン(ガバメント・キャニオン)ビジターセン
 ター[レイク|フラトアーキテクツ(アメリカ)]/
 SOLTAG エネルギー住宅[コーバ都市再生デンマーク、ベルックスデンマーク
 (デンマーク)]

第4章:対応するエンベロープを使用する
 ローザック邸[トロッポ・アーキテクツ(オーストラリア)]/
 プロトタイプホーム2015年・ドイツ製[ダルムシュタット工科大学
 (ドイツ)]

第5章:エコロジーの美学を表現する
 シュタインフーデ湖レクレーション施設[ランドール・スタウト
 アーキテクツ、アルキメデスGmbH(ドイツ)]/
 中国・イタリア環境・省エネビル(SIEEB)[リオ・クチネッラアーキテクツ
 (中国)]