書籍 建築設備フォーラム/トップページへ

新版 環境共生住宅 A-Z -低炭素社会の住まいづくりガイド-
編集 : 環境共生住宅推進協議会
出版 : ビオシティ (2009/04)
価格 : 2,808円
   → Amazonのページへ
   → 楽天Booksのページへ

「内容」
環境共生住宅認定制度、CASBEEなど最新情報を追加。
環境共生住宅基本コンセプトから新事例・事後検証例を多数掲載。


「目次」
■第1章 計画編
  計画編について
 
1.立地環境特性の調査・分析
  1-1 目的
  1-2 手順
  1-3 調査項目
 
2.基本コンセプトの策定
  2-1 基本コンセプト
  2-2 計画指針
 
3.環境形成計画
  3-1 目的
  3-2 策定の流れ
  3-3 環境形成計画指針
  〈住まいと地球環境問題/1.エネルギー 2.家庭からのCO2排出量
   3.資源・廃棄物〉
   column「暮らしを通じて地球とつながる、エコハウスのすすめ」
  (小林 光・環境省総合環境政策局長)
 
4.住まい・まちづくりの計画の手法や技術
  4-1 住まいづくり計画
  〈住まいづくりの基本要件1:地球環境の保全(ロー・インパクト)〉
   column「暖冷房の解剖と分類」(宿谷昌則・東京都市大学・同大学院教授)
   column「すまいを長く使い続ける」(松村 秀一・東京大学大学院教授)
  〈住まいづくりの基本要件2:周辺環境との親和性(ハイ・コンタクト))
   column「生きものを楽しむ庭づくり」(濱野周泰・東京農業大学・
   同大学院教授)
  〈住まいづくりの基本要件3:居住環境の健康・快適性(ヘルス&
   アメニティ)〉
   column「安心して暮らせる住まい」(坊垣和明・東京都市大学教授)
   column「住民が協力して創るエコで健康な暮らし “エコヴィレッジ
   鶴川・きのかの家”の建築と活動」(中林 由行・綜建築研究所会長)
 
  4-2 まちづくり計画
  〈まちづくりの基本要件1:地球環境の保全(ロー・インパクト)
  〈まちづくりの基本要件2:周辺環境との親和性(ハイ・コンタクト)
  〈まちづくりの基本要件3:居住環境の健康・快適性(ヘルス&アメニティ)〉
 
5.育成管理・運営計画
  5-1 育成管理・運営の考え方
  5-2 計画の進め方
  5-3 育成管理・運営の対象と、その内容の検討
  5-4 育成管理・運営に係わる主体の検討
  5-5 育成管理・運営の役割分担の検討
  5-6 実施体制の構築
  5-7 長期優良住宅と住宅履歴情報
 
■第2章 評価編
  評価編について
 
1.環境共生住宅認定基準
 
2.日本住宅性能表示基準
 
3.建築物総合環境性能評価システム(CASBEE)
 
4.自立循環型住宅への設計ガイドライン
 
5.その他関連する法律や制度
 
■第3章 運用編
  運用編について
 
1.環境共生住宅の暮らし方
  1-1 住まい方でエネルギーが変わる
  1-2 廃棄物を減らし資源へ回す
  1-3 住まい・暮らしを巡る水
  1-4 緑を育む暮らし
  1-5 健康で快適な室内環境
  1-6 豊かな集住性を達成するために
  1-7 長く使い続けるために
   column「住まいの環境教育」
  (小澤 紀美子・東京学芸大学名誉教授・東海大学大学院特任教授)
 
2.事後検証例
  1 大阪ガス実験集合住宅NEXT21
  2 マリーナイースト碧浜
  3 再生エコハウス
   column「エコハウスでの暮らし方」(小林 光・環境省総合環境政策局長)
 
環境共生住宅の20年〜認定事業と事例を通して見えること〜
(岩村 和夫・東京都市大学・同大学院教授)
 
■第4章 事例編
  住まいづくりの事例
 
   1 アシタノイエ
   2 内田邸
   3 望楼の家
   4 レイクタウン美環の杜
   5 さくらが丘Isaac日吉
   6 コモアしおつトリコパルク
   7 世田谷区深沢環境共生住宅
   8 下関・一の宮県営住宅
   9 エコビレッジ鶴川「きのかの家」
 
■第5章 資料編
普及促進のための活動
環境共生住宅をとりまく動向
環境共生に係わる関連組織・団体・施設等
環境共生住宅市街地モデル事業