| 会議室へ雑談コーナーへ建築設備フォーラム

会議室
  投稿前に、必ず読んで下さい → 「利用時のルール」  「免責事項」

  (注) 閲覧は のマークを、クリックして下さい。
  過去ログの検索 →

  新規投稿 ┃ツリー ┃一覧 ┃トピック ┃検索 ┃過去ログ  
54 / 144 ツリー ←次へ | 前へ→

18998) 室内温度の計算について こーら 18/7/8(日) 20:57

19060) Re:室内温度の計算について masa 18/8/24(金) 22:03
19061) Re:室内温度の計算について 鉄人60号 18/8/25(土) 7:16

19060) Re:室内温度の計算について
 masa E-MAIL  - 18/8/24(金) 22:03 -
  
教科書は、「最新建築環境工学改訂4版」田中俊六氏他著 井上書院刊を使用しているようです。
この教科書の中では、KS(上にバーが付いています)に、換気損失が含まれ、Cには、室内空気の熱容量が入っています。
リンク先の教材では、Cを壁体の熱容量としています。(教科書では、壁体の温度分布から、Cは、壁体の熱容量の1/2に室内空気の熱容量を加算したものとなっています)
教材では、説明の簡略化の為に一部を省略しているようなので、授業では、詳しい内容は教科書を読むように指導しているでしょう。
この教科書は、初版が1985年出版で、現在4版まで改訂されていますし、内容はかなり精緻に記載されています。(非定常伝熱についても、説明があります)
現在の大学の建築学科の建築環境工学の教科書としては詳しすぎますが、環境・設備系の学生用には適していると言えます。
木村健一氏の「建築設備基礎理論演習」もかなり詳しい内容ですが、現在は絶版です。(前の回答で紹介した「建築設備基礎」が、SI単位対応の改訂版となります)
引用あり
パスワード

19061) Re:室内温度の計算について
 鉄人60号  - 18/8/25(土) 7:16 -
  
詳細にご報告いただきありがとうございます。
このppt資料が教材として使われているらしいので、あえて問題点を指摘しました。
現象を数式で表現する場合は、記号の定義をし、何を対象物とした何に関する方程式なのかを明確にして、明解な物理的ロジックをもとに数式を組み立てます。
数式は数学的に正しくなければなりません。式を解くのは数学的作業です。
お手数をお掛けしました。
引用あり
パスワード

  新規投稿 ┃ツリー ┃一覧 ┃トピック ┃検索 ┃過去ログ  
54 / 144 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
(SS)C-BOARD v3.8 is Free