| 会議室へ雑談コーナーへ建築設備フォーラム

会議室
  投稿前に、必ず読んで下さい → 「利用時のルール」  「免責事項」

  (注) 閲覧は のマークを、クリックして下さい。
  過去ログの検索 →

  新規投稿 ┃ツリー ┃一覧 ┃トピック ┃検索 ┃過去ログ  
17 / 123 ツリー ←次へ | 前へ→

19124) パスダクト(PAダクト) サイズ y 18/9/19(水) 11:17

19129) Re:パスダクト(PAダクト) サイズ masa 18/9/19(水) 22:00

19129) Re:パスダクト(PAダクト) サイズ
 masa E-MAIL  - 18/9/19(水) 22:00 -
  
特に明確な基準はありませんが、パスダクトの換気系が、パスダクトの必要静圧を満足できる場合は、接続ダクトに関しては、1Pa/mの基準圧力損失としても、問題は無いでしょう。
パスダクトに接続される制気口のサイズが小さい場合は、ダクト断面積を、制気口の有効開口面積と同じにする場合もあります。(300×300以下の場合)
例、制気口風速1.5m/s、制気口VHS300×300、GVS300×300、有効開口率0.86、制気口有効開口=0.3×0.3×0.86=0.0774u、通過風量=0.0774×1.5×3600≒418m3/h、接続ダクト短辺寸法250mm、ダクト長辺=0.0774÷0.25=0.3096→0.3とする。 接続ダクトサイズ、300×250、通過風速1.55m/s、単位圧力損失0.147Pa/m
接続ダクトを、1Pa/mで選ぶ場合、ダクトサイズ200×200、通過風速2.9m/s、単位圧力損失0.7Pa/m
パスダクト長さ2m、制気口損失VHS3Pa、GVS2Pa、ポックス損失1Pa
パスダクトサイズ300×250の場合の圧力損失合計=(0.147×2)+3+2+1+1=7.294Pa
パスダクトサイズ200×200の場合の圧力損失合計=(0.7×2)+3+2+1+1=8.4Pa
パスダクトが設置されている室のドアサイズを700×1800Hとすると、ドア面積=0.7×1.8=1.26u、パスダクトサイズ300×250の場合の負圧は、7.294Paなので、ドアにかかる荷重は、1.26u×7.294Pa≒9.2N→9.2÷9.8=0.938kgf→1kgf
同様に、パスダクトサイズ200×200の場合に負圧は、8.4Paなので、ドアにかかる荷重は、1.26u×8.4Pa=10.584N→10.584÷9.8=1.08kgf→1.1kgf
なお、ドアが容易に開閉できる荷重は、50N→50÷9.8≒5.1kgfとされているので、両方共、ドア荷重としては、問題ありません。
引用あり
パスワード

  新規投稿 ┃ツリー ┃一覧 ┃トピック ┃検索 ┃過去ログ  
17 / 123 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
(SS)C-BOARD v3.8 is Free