| 会議室へ雑談コーナーへ建築設備フォーラム

会議室
  投稿前に、必ず読んで下さい → 「利用時のルール」  「免責事項」

  (注) 閲覧は のマークを、クリックして下さい。
  過去ログの検索 →

  新規投稿 ┃ツリー ┃一覧 ┃トピック ┃検索 ┃過去ログ  
17 / 159 ツリー ←次へ | 前へ→

19384) グラスウールの不燃材認定について 淳ぼう 18/12/17(月) 17:10

19385) Re:グラスウールの不燃材認定について masa 18/12/17(月) 20:35
19390) Re:グラスウールの不燃材認定について 淳ぼう 18/12/18(火) 7:35

19385) Re:グラスウールの不燃材認定について
 masa E-MAIL  - 18/12/17(月) 20:35 -
  
まず、不燃材料は、あくまで不燃だと言うだけで、その全てが防火材料と言うわけではありません。
防火区画貫通部については、建築基準法で規定されている内容ですが、配管・ダクト等の区画貫通部に関しては、断熱材として、ロックウールのみが使用許可され、グラスウールに関しては、貫通部に使用した場合は、加熱による収縮により、防炎性能を維持出来ないので、使用出来ません。
厨房ダクトの可燃物との離隔緩和の断熱材使用は、火災予防条例で規定されていますが、多くの消防機関では、業務用厨房に関しては、ロックウール50mm以上しか認めていません。
住宅用の厨房入力が少ないレンジフードなどは、高断熱アルミガラスクロス外装グラスウール保温筒(消防設備安全センター性能評定品)のみ許可しています。
引用あり
パスワード

19390) Re:グラスウールの不燃材認定について
 淳ぼう  - 18/12/18(火) 7:35 -
  
なるほど、確かに施工方法としてロックウールと断定していることにあらためて気づきました。 ロックウールをいつの間にか不燃材料とし、不燃材料ならグラスウールでもいいのではと思い込んでいました。

その他の意見として木造軸組み工法では、ロックウールに断定はしていなく、不燃材で処理とし、不燃材料としてロックウール、グラスウールとしているとの事です。 そちらも調べてみますが、今回はロックウールで施工することにします。

masa様ありがとうございます。
引用あり
パスワード

  新規投稿 ┃ツリー ┃一覧 ┃トピック ┃検索 ┃過去ログ  
17 / 159 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
(SS)C-BOARD v3.8 is Free