| 会議室へ雑談コーナーへ建築設備フォーラム

会議室
  投稿前に、必ず読んで下さい → 「利用時のルール」  「免責事項」

  (注) 閲覧は のマークを、クリックして下さい。
  過去ログの検索 →

  新規投稿 ┃ツリー ┃一覧 ┃トピック ┃検索 ┃過去ログ  
29 / 55 ツリー ←次へ | 前へ→

19746) 空調機の選定方法 モーレツトイレットモール 19/4/23(火) 11:48

19751) Re:空調機の選定方法 モーレツトイレットロール 19/4/24(水) 2:42
19752) Re:空調機の選定方法 masa 19/4/24(水) 8:04

19751) Re:空調機の選定方法
 モーレツトイレットロール  - 19/4/24(水) 2:42 -
  
>周囲空間が空調室で、室内温度より低いと仮定するなら、構造体負荷は不要です。
>そういう前提であれば、外気負荷の顕熱分、室内機器発熱(こちらは、顕熱だけですね)を加算して、設置する空調機の顕熱処理能力を選定する事になります。

丁寧に説明していただきありがとうございます!
とても分かりやすいです。

ただ、外気負荷=潜熱負荷+顕熱負荷というイメージがあるのですが、潜熱負荷については無視という感じなのでしょうか?

機器発熱(顕熱)と外気負荷(顕熱+潜熱)を処理するという事で、ここに潜熱が入ってる事で非常に混乱してしまっています…
引用あり
パスワード

19752) Re:空調機の選定方法
 masa E-MAIL  - 19/4/24(水) 8:04 -
  
室内条件の湿度が成り行きとなっているので、外気の潜熱負荷は考える必要がありません。
ただし、外気条件の35℃、70%RHの場合の露点温度は28.7℃なので、この分の潜熱負荷が生じます。
この場合の、外気の全熱負荷は、外気の比エンタルピー=99.7kJ/kgDA、28.0℃、100%RHの比エンタルピー=89.7kJ/kgDAより、500×(99.7−89.7)/3600≒1.39kWとなります。
空調機は、装置顕熱比を0.82と考えれば、0.18の潜熱処理能力があります。
仮に、冷房の全熱処理能力=28kWの機器を選定した場合は、潜熱処理能力=28×0.18=5.04kWとなります。
外気負荷の潜熱負荷=1.39−1.155=0.235kWなので、充分に余裕がある事になります。
引用あり
パスワード

  新規投稿 ┃ツリー ┃一覧 ┃トピック ┃検索 ┃過去ログ  
29 / 55 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
(SS)C-BOARD v3.8 is Free