| 会議室へ雑談コーナーへ建築設備フォーラム

会議室
  投稿前に、必ず読んで下さい → 「利用時のルール」  「免責事項」

  (注) 閲覧は のマークを、クリックして下さい。
  過去ログの検索 →

  新規投稿 ┃ツリー ┃一覧 ┃トピック ┃検索 ┃過去ログ  
6 / 117 ツリー ←次へ | 前へ→

20531) 吐出側冷媒配管の異常振動原因 てくてくjb31 20/7/1(水) 10:01

20531) 吐出側冷媒配管の異常振動原因
 てくてくjb31  - 20/7/1(水) 10:01 -
  
お世話になります。

冷却装置のサービスをやっております。

客先の加工装置冷却用のチラーユニットで
コンプレッサーの吐出配管の異常振動の原因が間欠的に発生し、これまでに
その振動が原因と思われる配管亀裂によるガス漏れが2度発生しています。
しかしながら、はっきりと振動原因が特定出来ず、
苦慮しております。 

運転状況によっても発生したり、しなかったりで、現状では小康状態で異常振動には至らず 細かい小振動で済んでおりますが、はっきりと原因がわかっていないのと、またいつか発生するのか、これまでの処置が奏功して このまま小康状態を
保てるのかがなんとも言えず、客先にも案件クローズを言い出しにくい状況です。

文字情報のみで中々難しいかと思いますが、
解決のヒントを頂ければ幸いです。
宜しくお願いします。

設置環境及び状況

コンプレッサー  コープランド 5HP
冷媒 R134a  冷却水設定温度 13度
空冷コンデンサー
圧力

高圧側 0.85〜1.2Mpa
( 1.2でコンデンサーファンON、 またホットガスバイパスON時0.85〜0.9) 
低圧側 0.18〜0.4Mpa
( 通常冷却運転で0.2以下まで下がり、以降 ホットガスバイパス時には0.4に上昇)

ホットガスバイパスは設定温度に対して1K程度まで近づいた後に作動し、サーモ
カット12.5度位まで 5秒程動作⇔通常運転の繰り返し

コンプレッサー吐出部から4分の銅管がコンデンサーへコの字状に配管、途中ホットガスバイパスで3分配管に分岐

これまでにコンプレッサー間近のベンド部より2回ガス漏れ 

過熱度 3k〜15k
最初のフルロード運転時に過熱度不足になるが、コンデンサファンが回り出す頃に上がり始め、10〜15kで推移

過冷却度 未計測
吐出温度 45〜60度

これまで処置したこと

膨張弁交換及び開度閉め調整
ガスを規定量3.5キロから1キロ抜き、2.5キロ
充填で運転

防振支持ステーを取り付け


ホットガスバイパス弁が動作し、弁が閉じた後にコンプレッサー運転音が変わり、吐出配管が振動するというのがパターンです。

ただその現象が、バイパス制御からフルロード運転に戻った時の瞬間的な
液バック?由来の振動なのか 
( 蒸発器からのサクション配管がコンプレッサー付近でU状のトラップになっています。容量制御する場合はサクション側にトラップを設けると悪影響が出るとSIの冷凍受験テキストに記載があったと思います)

または吐出配管の流路が変わったことによる
ハンチング現象の類なのか よく解らないです。
引用あり
パスワード

  新規投稿 ┃ツリー ┃一覧 ┃トピック ┃検索 ┃過去ログ  
6 / 117 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
(SS)C-BOARD v3.8 is Free