| 会議室へ雑談コーナーへ建築設備フォーラム

会議室
  投稿前に、必ず読んで下さい → 「利用時のルール」  「免責事項」

  (注) 閲覧は のマークを、クリックして下さい。
  過去ログの検索 →

  新規投稿 ┃ツリー ┃一覧 ┃トピック ┃検索 ┃過去ログ  
186 / 264 ←次へ | 前へ→

19744) Re:熱負荷に基づく、適切な熱源、ポンプ、FCUの選定方法
 masa E-MAIL  - 19/4/20(土) 14:12 -
  
負荷計算書がどのように作成されているかわかりませんが、通常は顕熱負荷、潜熱負荷が記載されているはずです。
潜熱負荷は、通常は換気風量やすきま風などの外気量を室内設計条件にするための、除湿・加湿負荷、室内での発生潜熱(通常は人体からの発汗などです)を合算したものとなります。
熱源負荷としては、顕熱負荷と潜熱負荷の合算となります。
質問のシステムでは、DESICA(潜熱回収・放熱システム)で、ほとんどの潜熱負荷を処理する考えだと思われます。(少なくとも、外気負荷は、こちらで処理すると考えて良いでしょう)
地域がどこかわかりませんが、関東地方と考えて、外気条件を仮に、33.5℃DB、27.2℃WB、61.8%RH、比エンタルピー85.7kJ/kgDA、室内条件27.0℃DB、19.5℃WB、50%RH、比エンタルピー55.6kJ/kgDAとすると、換気量を定格の250m3/hと考えれば、外気負荷=250m3/h×1.2kg/m3×(85.7−55.6)kJ/kg/3600s≒2.51kWとなります。
外気量は不明ですが、計算書では、外気負荷=1.8kWと記載されています。
DESICAの全熱処理能力=2.8kW>2.51kWとなり、能力は足りていると言う事になります。
上記の考えの場合は、FCUで処理されるのは、室内発生潜熱+顕熱負荷となります。
こちらは、室内最大負荷となります。
同時最大負荷から、外気負荷を除いた、9.1−1.8=7.3kWとなります。
DESICAの最大能力を余裕率で除して、2.8/1.1≒2.54kWと考えれば、必要な外気負荷に対して、2.54−1.8=0.74kWの余裕があるので、こちらで室内の潜熱負荷を処理できると考えれば、7.3−0.74=6.56kWがFCUで処理する能力と考える事も出来るでしょう。

引用あり
パスワード
965 hits

19740) 熱負荷に基づく、適切な熱源、ポンプ、FCUの選定方法 lisa 19/4/20(土) 4:27
19741) Re:熱負荷に基づく、適切な熱源、ポンプ、F... masa 19/4/20(土) 11:18
19743) Re:熱負荷に基づく、適切な熱源、ポンプ、F... lisa 19/4/20(土) 12:34
19744) Re:熱負荷に基づく、適切な熱源、ポンプ、F... masa 19/4/20(土) 14:12
19754) Re:熱負荷に基づく、適切な熱源、ポンプ、F... lisa 19/5/7(火) 0:23
19760) Re:熱負荷に基づく、適切な熱源、ポンプ、F... masa 19/5/8(水) 23:27

  新規投稿 ┃ツリー ┃一覧 ┃トピック ┃検索 ┃過去ログ  
186 / 264 ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
(SS)C-BOARD v3.8 is Free