気になるニュース

  気になるニュース(ログ) ┃建築設備フォーラム  
22 / 53 ←次へ | 前へ→

11/13 ホルムアルデヒドの発生を繰り返し検知できる小型センサーを開発
  
(一部引用)

ホルムアルデヒドの発生を繰り返し検知できる小型センサーを開発

物質・材料研究機構(NIMS)と産業技術総合研究所(AIST)は2017年10月23日、シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドを繰り返し検知し、継続的にモニタリングできる小型センサーを開発したと発表した。NIMS 国際ナノアーキテクトニクス研究拠点 主任研究員の石原伸輔氏らとAIST ナノ材料研究部門が共同で行ったもので、成果は同月16日に米化学会の学術誌「ACS Sensors」電子版で公開された。

リンク→ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171113-00000015-it_monoist-ind

MONOist 2017/11/13(月) 15:10配信

──────────────────────────────────────

<関連情報>

Amperometric Detection of Sub-ppm Formaldehyde Using Single-Walled Carbon Nanotubes and Hydroxylamines: A Referenced Chemiresistive System
(ACS SENSORS)
http://pubs.acs.org/doi/10.1021/acssensors.7b00591

パスワード
123 hits

11/13 ホルムアルデヒドの発生を繰り返し検知できる小型センサーを開発






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  気になるニュース(ログ) ┃建築設備フォーラム  
22 / 53 ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
(SS)C-BOARD v3.8 is Free