気になるニュース

  気になるニュース(ログ) ┃建築設備フォーラム  
17 / 65 ツリー ←次へ | 前へ→

5/18 開発期間3カ月、ダイキン「アシストサーキュレータ」が届ける新しい空気のカタチ

5/18 開発期間3カ月、ダイキン「アシストサーキュ...
  
(一部引用)

開発期間3カ月、ダイキン「アシストサーキュレータ」が届ける新しい空気のカタチ

ダイキン工業が5月10日に発売した「アシストサーキュレータ」。エアコンとの併用を想定した製品で、エアコンの風が届かない死角にも空調をアシストし、部屋全体の空気を快適にするという。これは、同社が社員6,000人から製品アイディアを募る企画の中から生まれたもので、開発期間も約3カ月とこれまでにないスピードで製品化された。
実勢価格は約4万円。サーキュレーターの中では高額な部類だが、本体内部には同社がエアコン開発で培ってきた技術が詰まっているという。
「確かにサーキュレーターと考えると高いのですが、本機はダイキンのエアコンと同様にクロスフローファンを採用しており、9m先まで風を届けられます。内部の構造は、エアコンから熱交換器を取ったものと実はほぼ同じなんです。室外機はないので、設置場所も選びません」と、開発を担当したダイキン工業 空調営業本部 事業戦略室・成実 俊介氏は話す。

リンク→ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180518-00000023-impress-ind

Impress Watch 2018/5/18(金) 7:00配信

──────────────────────────────────────

<関連サイト>

アシストサーキュレータ
ダイキン工業(株)
https://assist-circulator.com/
パスワード






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  気になるニュース(ログ) ┃建築設備フォーラム  
17 / 65 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
(SS)C-BOARD v3.8 is Free