気になるニュース

  気になるニュース(ログ) ┃建築設備フォーラム  
30 / 35 ←次へ | 前へ→

4/12 手間やコスト惜しむ? 配管蒸気漏れの玄海原発3号機
  
(一部引用)

手間やコスト惜しむ? 配管蒸気漏れの玄海原発3号機

九州電力玄海原発3号機(東松浦郡玄海町)で発生した2次系配管からの蒸気漏れ。九電幹部が「目が届かなかった」と認めるように、7年以上の長期停止による設備への影響の精査は不十分で、通常の点検では異変の兆候を見抜けなかった。専門家からは「安全上重要な設備でない部分は、手間やコストを惜しんだのでは」との指摘がある。
■さび把握も問題視せず
今回蒸気漏れが発生した脱気器空気抜き管は、発電タービンを回すための蒸気をつくる水からガスなどを除去する設備で、放射性物質を含まない「2次系設備」の一部。屋外にあり、保温材で覆われ、その外側を薄い金属製の外装板でカバーしていた。
配管に穴が空いた原因は、雨水が配管の隙間に入り込んでさびが発生し、腐食したためと考えられている。運転時は、高温高圧の水や蒸気が通るため配管や保温材は乾燥し、腐食という事態は「想定外」だった。

リンク→ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180412-03204021-saga-l41

佐賀新聞 2018/4/12(木) 11:12配信

──────────────────────────────────────

<関連ニュース>

<玄海原発蒸気漏れ>配管「寿命47年」11年前に評価 九電、点検方法に課題
佐賀新聞 2018/4/5(木) 11:33配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180405-03201072-saga-l41

パスワード
248 hits

4/12 手間やコスト惜しむ? 配管蒸気漏れの玄海原発3号機






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  気になるニュース(ログ) ┃建築設備フォーラム  
30 / 35 ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
(SS)C-BOARD v3.8 is Free