気になるニュース

  気になるニュース(ログ) ┃建築設備フォーラム  
38 / 67 ←次へ | 前へ→

7/5 ビルのあらゆる情報を3Dモデルに集約、大林組が開発
  
(一部引用)

ビルのあらゆる情報を3Dモデルに集約、大林組が開発

大林組は、BIMモデルを活用して、設備機器の稼働状況や維持管理の情報だけでなく、地図や天候といった外部情報も集約したプラットフォーム「BIMWill」を開発した。建物利用者の位置情報、暑さや寒さなどの体感情報も組み込むことで、実際の建物のリアルタイムデータが仮想空間で再現され、ビルメンテナンスだけに限らないさまざまなサービスを展開していくことが可能になる。
BIMベースのプラットフォーム「BIMWill」をオフィスビルに初適用
実際の導入は、大林組グループの大林新星和不動産が所有するテナントオフィスビル「oak神田鍛冶町」で初適用された。設計・施工段階で活用したBIMモデルをベースに、設備機器が発信する情報をはじめ、維持保全に必要な情報、日々の管理業務で生成される情報をBIMWill上でひも付け、建物管理業務の効率化、高度化を図っているという。
開発は、大林新星和不動産、大林ファシリティーズ、オーク情報システム、オーク設備工業、熊本大学らとの共同。

リンク → https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180705-00000008-biz_it_sj-bus_all

スマートジャパン 2018/7/5(木) 6:10配信

──────────────────────────────────────

<関連リリース>

建物のあらゆる情報を集約できるプラットフォーム「BIMWill」を東京都内のテナントオフィスビルに国内初適用しました
(株)大林組
https://www.obayashi.co.jp/news/detail/bimwill.html

パスワード
373 hits

7/5 ビルのあらゆる情報を3Dモデルに集約、大林組が開発






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  気になるニュース(ログ) ┃建築設備フォーラム  
38 / 67 ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
(SS)C-BOARD v3.8 is Free