建築設備フォーラム/トップページへ
新製品ニュース


2002.3.6

<川重冷熱工業(株)>

大温度差仕様の高効率な蒸気式吸収冷凍機を発売。


川重冷熱工業(株)は、世界最高効率を達成した新型蒸気式吸収冷凍機(1,000冷凍トン〜2,000冷凍トン)4機種を4月から順次発売する。
 
同製品は、東京ガスが設定した次世代地域冷暖房用吸収冷凍機の目標「蒸気消費率3.5kg/h・冷凍トン(JIS基準、COP1.5)および冷水・冷却水の大温度差仕様(冷水出入口温度14℃-6℃、冷却水出入口温度32℃-40℃)」に向けて開発に着手したもので、約22%の蒸気消費量の低減(同社比)を達成している。
 
また、冷水・冷却水大温度差仕様の標準化に対応しており、冷凍機二次側配管の小口径化、冷水・冷却水ポンプおよび冷却塔の小容量化とそれに伴う搬送動力低減等により運転コストの削減が計れる。

川重冷熱工業(株)  →このニュースの詳細リリースはこちら

Copyright (c) 2000-2019 Environmental System Design Institute, Inc.