建築設備フォーラム/トップページへ
新製品ニュース


2002.6.20

<三菱樹脂(株)>

軽量化した新型の角形開放式冷却塔を発売。


三菱樹脂(株)は、ビルや工場などの空調に使用する角形開放式の冷却塔「ヒシクーリングタワーRhシリーズ」を開発し、6月下旬から納入を開始する。
 
新製品は、同社「Rgシリーズ」の改良版で、部材の最適化により従来品重量比で約15%減という大幅な軽量化を実現しており、低騒音型の175トンタイプ以下の小型機種については、完全完成品での搬入によって現場で発生する梱包廃材のゼロ化が可能になっている。
 
積算定価は低騒音型200トンタイプで479万円〜、3年後には同シリーズで20億円の売上を見込む。


三菱樹脂(株) →このニュースの詳細リリースはこちら

Copyright (c) 2000-2021 Environmental System Design Institute, Inc.