建築設備フォーラム/トップページへ
新製品ニュース


2002.7.22

<高砂熱学工業(株)>

加湿負荷を低減したクリーンルーム用ケミカルガス除去空調機を発売。


高砂熱学工業(株)は、半導体や液晶など電子デバイス製造のクリーンルームで、温度、湿度、清浄度を一定に保つために費やされる膨大な空調エネルギーと運転コストを大幅に削減できる空調システムを開発した。
 
新製品は、クリーンルーム内部の循環空調経路で主に加湿することで、外調機での加湿を最低限に抑えた他、加湿に必要な熱エネルギーにはクリーンルーム内で生じる排熱を利用している。さらに、加湿器として使用している親水性のエリミネータがケミカルガスを吸着し、空気の清浄度を高める効果も発揮している。
 
8月1日より発売で、価格は7,034,000円(コンパクトタイプ・5,700m3/h)。


高砂熱学工業(株) →このニュースの詳細リリースはこちら[PDF]

Copyright (c) 2000-2019 Environmental System Design Institute, Inc.