建築設備フォーラム/トップページへ
新製品ニュース


2002.11.12

<ダイキン工業(株)>

R407C採用の中・小型「空冷ヒートポンプチラー」を開発。


ダイキン工業(株)は、主に中小規模の病院や住宅の一般空調用熱源として使用されることが多い、中・小型「空冷ヒートポンプチラー」標準機および特別シリーズ(異電圧仕様、耐塩害仕様、ブライン仕様、国土交通省仕様)全29機種(5〜30HP)を新冷媒(HFC)化し、2003年2月より順次発売する。
 
今回のラインナップにより、同社では、チリングユニット全シリーズの完全HFC化が完了した。
 
新製品は、電子膨張弁とクロスフィンコイル式高効率熱交換器(冷媒分配システム付き)を搭載し、従来機と同等のCOPを達成すると共に、冷媒量を平均20%削減している。

ダイキン工業(株) →このニュースの詳細リリースはこちら

Copyright (c) 2000-2019 Environmental System Design Institute, Inc.