建築設備フォーラム/トップページへ
新製品ニュース


2002.12.26

<大阪ガス(株) 東邦ガス(株) 西部ガス(株)>

家庭用ガスコージェネレーションシステムを発売。


大阪ガス(株)、東邦ガス(株)、西部ガス(株)は、1kW家庭用ガスエンジンコージェネレーションシステムとなるガス発電・給湯暖房機「ECOWILL(エコウィル)」を、平成15年3月1日から発売する。
 
新システムは、同ガス3社と(株)ノーリツ、(株)長府製作所が共同で開発した、ガスエンジンの排熱利用システムと、本田技研工業(株)が開発した1kWガスエンジンを組み合わせたもので、発電効率は約20%、排熱利用効率は約65%で、合わせて約85%の総合エネルギー効率となる。
 
販売価格は75.5万円〜で、このシステムの導入により、平均的な住宅の熱需要の大半と電力需要の約40%程度を賄うことが可能になるとしている。

大阪ガス(株) 東邦ガス(株) 西部ガス(株) →このニュースの詳細リリースはこちら

Copyright (c) 2000-2021 Environmental System Design Institute, Inc.