建築設備フォーラム/トップページへ
新製品ニュース


2003.02.24

<(株)キッツ>

三元系フッ素ゴムを採用した給湯用バタフライバルブを発売。


(株)キッツは、従来品より耐塩素性に優れた「三元系フッ素ゴム」を採用した、新しい給湯用バタフライバルブを発売する。
 
新製品は、ゴムシートの素材に、一般的なフッ素ゴム(二元系)にPTFEモノマー成分を加えるとで、耐塩素性を向上させた「三元系フッ素ゴム」を採用している。
 
従来からの、ゴムシートにEPDMを使ったバタフライバルブを給湯用の配管に使用した場合、滅菌のために投入されている次亜塩素酸ソーダと熱の影響により、ゴムシートが2〜3年で劣化するという問題が指摘されている。

(株)キッツ →このニュースの詳細リリースはこちら

Copyright (c) 2000-2021 Environmental System Design Institute, Inc.