建築設備フォーラム/トップページへ
新製品ニュース


2003.07.22

<石川島播磨重工(株)(IHI)>

医療施設や老人施設に有効な新型オゾン殺菌脱臭機を発売。


石川島播磨重工(株)(IHI)と石川島芝浦機械(株)(ISM)は、集塵殺菌能力を大幅にアップした新型オゾン殺菌脱臭機「JS−3000」を開発し、8月1日から販売代理店の日本カルチャー研究所(株)より販売する。
 
新製品は、在室時には空気を吸引し、オゾン・HEPAフィルタ・脱臭触媒・マイナスイオンを使用して浮遊菌の殺菌、脱臭、集塵を行う「吸引モード」と、無人の時にはオゾンガスを室内に拡散させ、付着した菌や臭いを除去する「くん蒸モード」の2機能を持っている。
 
同社では、医療関連施設、老人施設、幼稚園・保育園、動物病院、ホテル、消防署など向けに営業活動を展開し、初年度900台、年間売上1500台を目指す。

石川島播磨重工(株) →このニュースの詳細リリースはこちら

Copyright (c) 2000-2019 Environmental System Design Institute, Inc.