建築設備フォーラム/トップページへ
新製品ニュース


2003.12.03

<三菱樹脂(株)>

充填材にペットボトルのリサイクル材を使用した冷却塔を開発。


三菱樹脂(株)は、冷却塔に使用する充填材(パッキン)の素材に、ペットボトルのリサイクル材を採用した環境配慮型の角形開放式冷却塔「ヒシクーリングタワー ERh/Eshシリーズ」を開発し、12月8日より販売を開始する。
 
新製品は、従来と同等以上の耐候性を確保するため、PETに酸化チタン及びスチレン系エラストマーを配合することで耐候性が改良されており、さらに接着が困難なPETシートを独自の超音波溶着技術を応用することによって接着させている。
 
従来の塩ビ樹脂製の充填材は、付着したスケールやスライムによって、使用後のマテリアルリサイクルが困難で、これまでその多くは埋め立て処分されていた。同社では、この環境配慮型の冷却塔の販売目標を、3年後3億円としている。

三菱樹脂(株) →このニュースの詳細リリースはこちら

Copyright (c) 2000-2021 Environmental System Design Institute, Inc.