建築設備フォーラム/トップページへ
新製品ニュース


2004.02.02

<三菱重工業(株)>

業界最高効率(COP 5.0)の空冷小型ターボヒートポンプを開発。


三菱重工業(株)は、東京電力、中部電力、関西電力と共同で、空調用の空冷ヒートポンプ分野で業界最高効率のCOP 5.0(冷房時)を実現した「超高性能空冷小型ターボヒートポンプ(冷房能力175kW/暖房能力200kW)」開発し、6月から販売する。
 
新製品は、外気で冷却した水を空気熱交換器に散布することにより高い冷却効果を発揮する、小型で高性能なターボ圧縮機用の「散水式空気熱交換器」を採用したことにより、業界最高効率を達成している。
 
また、圧縮機の軸受け等の摩耗防止技術の進化により、オーバーホール(分解点検)間隔が、従来機に比べて約5倍の20万時間まで延びるなど、耐久性も向上している。

三菱重工業(株) →このニュースの詳細リリースはこちら

Copyright (c) 2000-2019 Environmental System Design Institute, Inc.