建築設備フォーラム/トップページへ
新製品ニュース


2004.02.03

<マックス(株)>

広めの住宅に対応できる全熱交換型の全館24時間換気システムを発売。


マックス(株)は、100〜120m2までの床面積に対して、0.5回/h以上の換気量を確保できる全熱交換型全館24時間換気システム、マックス「ドライファン24」ES―1300シリーズ2機種を開発し、2月5日から発売する。
 
新製品は、同社が昨年7月に発売したES―8200シリーズを大風量化したもので、本体フロントパネル無し(天井隠ぺい型)と、本体フロントパネル有り(半隠ぺい型)の、2機種がラインナップされている。
 
排気系統は、排気グリルから集中排気する一般的な方式の他に、排気用分岐ダクトを設けて、給・排気を1室で完結することも可能になっており、居室ドアのアンダーカットを無くすことも出来る。 メーカー希望小売価格は、86,000円。

マックス(株) →このニュースの詳細リリースはこちら

Copyright (c) 2000-2021 Environmental System Design Institute, Inc.