建築設備フォーラム/トップページへ
新製品ニュース


2004.04.30

<日立空調システム>

蓄熱用空冷チラ−ユニットと水冷チラーユニットの計3シリーズを発売。


(株)日立空調システムは、ビル等の蓄熱空調用熱源機として使用する「空冷ヒートポンプ式水蓄熱用大温度差チラーユニット」「空冷ヒートポンプ式氷蓄熱用チラーユニット」、およびビル空調や工場のプロセス冷却用熱源機として使用する「水冷式チラーユニット」の3シリーズをモデルチェンジし、4月上旬より順次発売する。
 
「空冷ヒートポンプ式水蓄熱用大温度差チラーユニット」と「空冷ヒートポンプ式氷蓄熱用チラーユニット」は、15年前の同容量機に比べて、設置面積がシリーズ平均で30%低減されている他、COPも大幅に改善されている(大温度差用で約29%)。
 
また、「水冷式チラーユニット」も COP 5.2(1700型、50Hz、冷房定格運転時)となるなど、シリーズ平均で従来機比約11%向上している。

(株)日立空調システム →このニュースの詳細リリースはこちら

Copyright (c) 2000-2019 Environmental System Design Institute, Inc.