建築設備フォーラム/トップページへ
トピックス


2002.3.18

<清水建設(株)>

室温に連動して風量を制御する集合住宅用24時間換気システムを開発。


清水建設(株)は、暖冷工業(株)と共同で集合住宅を対象に、建材などから発生する化学物質の室内濃度の高まりを抑える24時間換気システムを開発・商品化した。
 
同システムは、室温の上昇とともに化学物質の室内濃度が高まることに着目し、室温が一定の高さになると、換気風量が自動で強めに切り替わるように設定されている。
また外気温センサーを備え、外気温が自然通風に適していることを居住者に知らせる、窓開けお勧めランプも装備している。
 
販売予定価格は工事費込みで、標準タイプが50万円、電動給気シャッタ無しの廉価タイプは25万円。

清水建設(株)  →このニュースの詳細リリースはこちら

Copyright (c) 2000-2021 Environmental System Design Institute, Inc.