建築設備フォーラム/トップページへ
トピックス


2002.4.23

<消防庁>

防火管理違反の罰則強化等を定めた改正消防法が成立。


昨年9月の44人が死亡した新宿雑居ビル火災を契機に提出されていた「消防法の一部を改正する法律案」が、22日午後、国会で可決成立した。
 
改正の主な内容は、「防火対象物の定期点検報告制度の新設」「立入検査の時間制限の廃止」「使用禁止命令等の発動要件の明確化」などとなっている。
 
また、罰則も強化されており、テナントを含むビル関係者が改善の措置命令に従わない場合は最高1億円以下の罰金刑が科せられる。
 

消防庁 →改正案の詳細はこちら

Copyright (c) 2000-2020 Environmental System Design Institute, Inc.