建築設備フォーラム/トップページへ
トピックス


2002.8.14

<大阪市水道局>

誤って6年間も民家に工業用水を供給。


大阪市水道局は、1世帯の上水道用給水管が、工業用水道管に誤接合されていたのが発見されたと発表した。
 
誤供給は、城東区内で発生した工業用水道管からの道路漏水の修繕を行っていて発見されたもので、平成8年7月から約6年間も行われていた。
現場は上水道管と工業用水道管が同口径で並行して埋設されており、設計図に工業用水の記載が漏れていたことが原因らしい。
 
同水道局では、同口径の上水道管と工業用水道管が並行して埋設されている市内の約1300箇所を早急に調査し、安全確認を行うことにしている。

大阪市水道局 →このニュースの詳細リリースはこちら

Copyright (c) 2000-2021 Environmental System Design Institute, Inc.