建築設備フォーラム/トップページへ
トピックス


2002.8.21

<国民生活センター>

給水管清掃の訪問販売について注意を呼び掛け。


国民生活センターは、急増している「家庭への訪問販売による給水管の清掃」について、注意を呼び掛ける発表を行った。
 
販売の手口は、「給水管の点検に来ました」などと言って一戸建ての住宅を訪問し相手が躊躇している間に強引に清掃作業を行い、当初の説明より高額な作業代金を請求するというもので、このような清掃サービスは、特定商取引に関する法律に指定役務として明記されていないため、業者が契約内容を明らかにした書面を交付せず、クーリング・オフ制度も設けられていない。
 
被害の相談件数は、今年度になってから急増しており、1997年度から2001年度は合計93件であったが、2002年4月以降の3ヶ月で140件となっている。被害者の65%が60歳代以上、70%以上が女性で、特に関東と関西で被害者が多くなっている。

国民生活センター →このニュースの詳細リリースはこちら

Copyright (c) 2000-2021 Environmental System Design Institute, Inc.