建築設備フォーラム/トップページへ
トピックス


2002.11.25

<(株)大林組 他>

エアーフローウィンドウの機能も選択できる新型ダブルスキンを開発。


(株)大林組は、新日軽(株)と旭硝子(株)と共同で、システム化された新型ダブルスキン「NEXAT」(ネクサット)を開発・実用化した。
 
新システムは、外部に換気口を持つ一般的なダブルスキン機能の他に、内側に開口部を設けて強制排気するエアーフローウィンドウ機能を併せ持っており、その両方の機能を使い分けることができる。
 
夏期はダブルスキンを、冬期はエアーフローウィンドウを効果的に活用することで、従来のシングルスキンのビルに比べて、最大で消費エネルギーを32%削減でき、ダブルスキンと比べても最大で消費エネルギーを11%削減できると試算されている。

(株)大林組 →このニュースの詳細リリースはこちら

Copyright (c) 2000-2019 Environmental System Design Institute, Inc.