建築設備フォーラム/トップページへ
トピックス


2002.12.19

<横浜市水道局>

マンションの受水槽以下設備も水道局が水質検査。


横浜市水道局は、平成13年6月に水道法が改正されたことを受けて水道条例を改正し、マンション・ビルなどの受水槽から蛇口までの給水設備(貯水槽水道)の管理についても、新たに関与することになったと発表した。
 
今後は、水質に対する住民の関心が高く、戸建等の利用者とサービスの均等化を図る意味からも、貯水槽水道の利用者(住民)からの請求に応じて、水道局が各戸の蛇口で水質検査を無料で行い、その結果を知らせる。
 
但し、水道法や条例などに基づく、貯水槽水道設置者の管理責任の内容に変更はなく、これまでどおり、マンション管理組合等が管理を行う。

横浜市水道局 →このニュースの詳細リリースはこちら

Copyright (c) 2000-2021 Environmental System Design Institute, Inc.