建築設備フォーラム/トップページへ
トピックス


2003.02.17

<三機工業(株)>

LON分散型空調機制御コントローラを開発し、六本木ヒルズに納入。


三機工業(株)は、ビルディング・オートメーション(BA)オープン化の範囲を大幅に広げることが可能な「空調機制御コントローラ」を開発し、六本木ヒルズ森タワーの空調機(350台)に設置した。
 
このコントローラを使ったシステムは、各制御機器(バルブ、センサー、インバーター、ダンパ等)をマルチベンダーLON対応の分散型とし、各構成機器から取り出せる情報量は従来の6倍以上になっている。
 
得られた情報は、BEMS(Building Energy Manegement System)」により有効活用することで、空調ライフサイクルコストを20%以上削減することが可能だという。

三機工業(株) →このニュースの詳細リリースはこちら

Copyright (c) 2000-2019 Environmental System Design Institute, Inc.