建築設備フォーラム/トップページへ
トピックス


2003.04.11

<国土交通省>

地下鉄駅の排煙設備の設置状況等について調査結果を公表。


国土交通省は、全国の鉄道の地下駅における火災対策設備の現況について調査し、地下鉄道の火災対策基準への適合状況について公表した。
 
この調査は、今年2月18日に発生した韓国大邱(テグ)市の地下鉄火災に起因して行われたもので、全国684駅のうち、基準に適合していない部分がある駅が268駅と、全体の39%に上ることが分かった。
 
排煙設備は、ホームや事務室に設けられていないなど、200の駅が基準を満たしていない。また、消火設備では「連結散水設備」の無いものが47駅あることも分かった。

国土交通省 →このニュースの詳細リリースはこちら

Copyright (c) 2000-2019 Environmental System Design Institute, Inc.