建築設備フォーラム/トップページへ
トピックス


2003.07.30

<清水建設(株)>

床吹出し空調を利用する低コストのタスク&アンビエント空調方式を開発。


清水建設(株)は、同社が開発・保有している全面床吹出し空調「フロアフロー」の床に、開閉可能なパーソナル吹出し口を取り付けた、低コストの「タスク&アンビエント空調方式」を新たに開発・実用化した。
 
これは、在室者の足下に新開発のスライド開閉機能を持つ小型の吹出し口を設置し、在席者は在席領域で必要に応じて空調空気を吹き出すようにするもので、在席者は足先で必要に応じて開閉し風量を調節することができる。
 
冷えすぎ防止と不要な吹出し防止のために5〜10分経過すると自動的に閉鎖する機能を有しており、同社の試算によると、快適性を確保したうえで、約20%の省エネルギーを実現できるとしている。

清水建設(株) →このニュースの詳細リリースはこちら

Copyright (c) 2000-2021 Environmental System Design Institute, Inc.