建築設備フォーラム/トップページへ
トピックス


2004.01.28

<産業再生機構>

計量器メーカー大手「金門製作所」の支援を決定。


産業再生機構は、計量器3事業(都市ガス機器、LPガス機器、水機器)の老舗である、(株)金門製作所、及びその連結子会社15社(金門グループ)に対して再生支援することを決めたと発表した。
 
再生機構は、金門グループの強固な顧客基盤と、メーカーとしての製品開発力・コスト競争力における高いポテンシャルから、再生は可能と判断し、金融機関等に対して約108億円(債権放棄及びDES)の金融支援を要請する。
 
また、談合問題が批判されている「水道メーター事業」については、コンプライアンス体制面で業界モデルケースを構築し、中央集権型の応札体制を他社に先駆けて確立するとしている。 事業再生計画の概要は、→ こちら[PDF]

産業再生機構 →このニュースの詳細リリースはこちら[PDF]

Copyright (c) 2000-2019 Environmental System Design Institute, Inc.