建築設備フォーラム/トップページへ
トピックス


2004.01.28

<荏原バラード(株)>

家庭用の1kWガス燃料電池で総合効率90%を達成。


荏原バラード(株)は、大阪ガスの技術に基づく燃料改質装置および排熱利用ユニットを組み合わせた家庭用1kW級固体高分子形燃料電池コージェネレーションシステムの準商用機-2型の開発を完了したと発表した。
 
開発機は、大阪ガスとの共同研究の開始以来3世代目に該当するもので、送電端発電効率35%(LHV基準)、熱回収率55%で、総合効率は90%を達成している。
 
同社では、引き続き家庭用燃料電池コージェネレーションシステムの普及に向けた信頼性・耐久性の向上ならびにコストダウンに取り組み、2006年には商用機の販売を開始したいとしている。

(株)荏原製作所 →このニュースの詳細リリースはこちら

Copyright (c) 2000-2021 Environmental System Design Institute, Inc.