建築設備フォーラム/トップページへ
トピックス


2004.03.15

<鹿島>

通気性カーペットと有孔OAフロアーによる全面床吹き出し空調システムを開発。


鹿島建設(株)は、(株)タジマ、(株)日立製作所、日立機材(株)と共同で、通気性カーペットと有孔OAフロアーの組み合わせによる全面床吹き出し空調システムを開発し、明治大学の駿河台新校舎新築工事(久米設計の計画・設計)において、(株)朝日工業社の協力を得て施工・実用化したと発表した。
 
この空調方式は「置換方式空調システム」と呼ばれ、床面の吹き出し口から室温との温度差が少ない空調された「処理空気」を部屋にゆっくりと入れ、室内上部から排気するもので、居住域の快適性と省エネ性が高いと云われている。
 
今回、通気性と耐久性、強度を兼ね備えたカーペットと、開口率の高い有孔OAフロアーが開発されたことで、この空調システムに適した床構成部材の組み合わせが実現した。

鹿島建設(株) →このニュースの詳細リリースはこちら

Copyright (c) 2000-2021 Environmental System Design Institute, Inc.