建築設備フォーラム/トップページへ
トピックス


2004.03.23

<国土交通省>

配管工など平成16年度の公共工事設計労務単価(基準額)を発表。


国土交通省は、平成15年10月に実施した公共事業労務費調査に基づき、平成16年度当初からの公共工事の工事費の積算に用いるための、平成16年度公共工事設計労務単価(基準額)を決定し、ネット上に公開した。
 
発表されたのは「配管工」など計50職種で、50職種全体の伸び率は、昨年度に比べて−3.6%となっている。
 
主な地域の「配管工」を例にとっても、東京 18,400円→17,600円、神奈川 18,700円→18,300円、愛知 17,500円→17,400円、大阪 17,700円→16,800円 など、平成15年度に比べて、全て減額となっている。

国土交通省 →このニュースの詳細リリースはこちら

Copyright (c) 2000-2019 Environmental System Design Institute, Inc.