建築設備フォーラム/トップページへ
トピックス


2004.09.29

<ダイキン環境研究所 東京都老人総合研究所>

温度制御を駆使した快眠誘導技術を開発。


ダイキン工業の子会社の(株)ダイキン環境研究所と東京都老人総合研究所は、室内を短時間で熟睡できる温度に制御する「快眠誘導技術」を開発したと発表した。
 
この技術は、夜間睡眠時には身体を休ませる為に体温調節機能が低下することに着目し、室内の温度制御を理想的な体温リズムに合わせることにより、短時間で、効率よく質の良い睡眠が取れるというもの。
 
具体的には、夜間の深部体温が低下するよりも1時間半程度先行して室温を29.5度から約2度下げ、その後、起床前の体温上昇に合わせて元に戻す「V字型」に温度を制御すると、従来の半分の時間で必要な熟睡量を確保できるという。

ダイキン工業(株) 東京都老人総合研究所 →このニュースの詳細リリース

Copyright (c) 2000-2021 Environmental System Design Institute, Inc.