トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ

2004.12.06

<東京ガス>
家庭用燃料電池コージェネレーションシステム商用機の市場投入を開始。

東京ガス(株)は、荏原バラード(株)及び松下電器産業(株)と共同開発を行ってきた固体高分子形燃料電池(PEFC)を用いた家庭用燃料電池コージェネレーションシステムについて、世界に先駆けて2005年2月8日より市場投入を開始すると発表した。
 
当初は、05年度末までに限定200台を、東京ガス供給エリア内でメンテナンス体制の整った地域に投入する。 ユーザーは、10年で100万円のリース契約(メンテナンス費を含む)を結び、これに合わせて家庭用燃料電池向けのガス料金も新設される。
 
尚、同社では年間数千〜数万台の販売を目指す本格的な普及期は08年度以降になると想定している。

東京ガス(株)
 →このニュースの詳細リリース

Copyright (c) 2000-2021 Environmental System Design Institute, Inc.