トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ

2005.03.28

<日建設計 日本電気エンジニアリング 松下電工>
統合型建物ライフサイクルマネジメントシステムをASP化。

(株)日建設計、日本電気エンジニアリング(株)、松下電工(株)は共同で、日常保守の効率化や修繕・更新の投資判断をサポートする「統合型建物ライフサイクルマネジメントシステム」を開発し、インターネットを利用したASPサービスの提供と、システムの販売を4月1日から始める。
 
システムは、各種シミュレーション機能により建物の改修や更新について適切な投資時期を予測できるようになっており、シンプルでわかりやすい画面構成により、マニュアルを見なくても操作が可能だという。
 
日建設計は地方自治体、NECエンジニアリングは中大規模ビルのデベロッパー、松下電工は中小規模ビルオーナーなどを対象にそれぞれが販売活動を行い、2008年度には5億円/年の売り上げを目指す。

(株)日建設計 日本電気エンジニアリング(株) 松下電工(株)
 →このニュースの詳細リリース

Copyright (c) 2000-2019 Environmental System Design Institute, Inc.