トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ

2005.08.31

横浜市水道局
全国で初めてネットを利用して地震時の水道被害状況を配信。

横浜市水道局は、職員有志による「地震時被害状況等情報提供プロジェクト」を立ち上げ、ホームページ上で地震災害時における水道施設の被害状況等を、地図情報と合わせて、発災から24時間以内に知ることができるようにした。
 
同局では、「新潟県中越地震」の際、述べ748名の職員を派遣し支援活動を行ったが、その活動の中で、市民に対して被害状況や復旧状況を広報することが重要であることを認識したのだという。
 
利用可能時期は、9月1日から
「断水被害情報のイメージ図」は、→こちら。[PDF]
「各区断水被害情報のイメージ図」は、→こちら。[PDF]

横浜市水道局
 →このニュースの詳細リリース

Copyright (c) 2000-2021 Environmental System Design Institute, Inc.