トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
関西電力 荏原冷熱 インバーター付き小型スクリューモジュラーチラーを開発。 2006.02.02

関西電力(株)と荏原冷熱システム(株)は、ビルや工場の空調に使用する冷却装置(チラー)分野向けに、冷房能力200kWクラスのチラーとしては初めて、乗用のエレベーターに積載でき、インバーターを搭載したスクリューモジュラーチラーを開発し、2月から販売を開始する。
 
新製品は、新冷媒(HFC系冷媒 R407C)の採用により小型・軽量化を実現し、乗用の1tクラスエレベーターに積載できるようになったことで、工事コストの削減に寄与する。
 
また、このクラスとしては業界最高水準の効率(COP 5.0)で、さらに初めてインバーターを搭載したことで、部分負荷効率に関しては業界最高効率(COP 5.5)を達成している。 製品の概要は、→こちら。[PDF]

関西電力(株) 荏原冷熱システム(株)
 →このニュースの詳細リリース
Copyright (c) 2000-2019 Environmental System Design Institute, Inc.