トピックス 建築設備フォーラム/トップページへ
ダイキン工業 コンパクト化した既設冷媒管再利用のビル用マルチを開発。 2006.02.03

ダイキン工業(株)は、活発化している更新市場に向け、業界No.1のコンパクト化と省エネ性を達成した、既設冷媒配管再利用の更新用個別運転マルチ「Ve-upQ」シリーズ全14機種を開発し、9月より発売する。
 
新製品は、熱交換器形状の最適化など空気通路部の改善で熱交性能が向上し、さらに圧縮機の高速回転化による冷媒循環量アップにより、50.4kW(18HP相当)が、従来室外機2台の組合せ構成から1台で可能になった。
 
また、空調機の制御を遠隔からの指令で変更できる「遠隔チューニング機能」を搭載し、冷媒漏れによる機器の故障を未然に防ぐ「冷媒漏洩検知機能」も搭載された。

ダイキン工業(株)
 →このニュースの詳細リリース
Copyright (c) 2000-2019 Environmental System Design Institute, Inc.